ルンバ、エラー2。ルンバのワイヤーガードを開けてブラシを清掃してください。

いつものとおり快調に働いていたルンバくん、突然「エラー2,ルンバのワイヤーガードを開けてブラシを清掃してください」と言われる。ふむ、初めてのケースだわ。エラーは、エラー6、別の場所に移動してください、しかなかったのだ。

とりあえずひっくり返してみると、ブラシ(こうしてまじまじと見るのも初めてだ、二つついてるものなのね)の両端に糸屑様のものがぎっちりとまきついている。取れるところを指で引っ張って取り、さしあたりのお仕事を続行してもらう。これはちゃんとスイッチが入った。

さて、お仕事終了・ごみ捨て後にブラシのお掃除だ。マニュアルを引っ張り出して来て、ワイヤーガードなるものを引き上げ、ブラシを外す。とりあえずは、両端にまきついた糸屑様のものを爪楊枝で解きほぐしつつはずす。毛髪と繊維くずと糸くずがみっしりぎっちりからんでいて容易なことではない。それを4か所済ませてさらにブラシの奥深くに絡んでいる繊維くずを取り除く。
マニュアルをよく読むと、ブラシの両端の黄色いところは引っ張れば外れたので、爪楊枝で解きほぐさずにそのままするっとすっぽ抜けたかもしれなかった。

いずれにしてもやってきてから一度もブラシを掃除していなかったので、解きほぐされ引っ張り出された繊維くずは手のひらにこんもりのるほどになっていた。きゃーー!

さっぱりなられたルンバくんは快調に動きまわっておられる。祝!

追記(2014年3月5日)
ワイヤーガードの開け方はこちらの記事をご覧くださいませ。

さらに追記(2016年1月25日)
バッテリー交換についてはこちらの記事をご覧くださいませ。




[PR]
by e3ei | 2012-12-09 14:30 | 暮らし tagliches Leben | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://blueten.exblog.jp/tb/17390794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 豚肉生姜焼と、ヤリイカとほうれ... 訪問看護の手続きはどう進めただろう >>