カテゴリ:庭 Garten( 81 )

秋の庭作業 ゼニゴケの芽を摘む

ヤマボウシの枯れ葉がそろそろ落ち始め、草も伸びてきたので庭仕事をする。
今年はちょうど金木犀が満開、散り始めのときで、いい香りの中で気分良く作業に勤しんだ。雨がたっぷり降ったあとなので、土もいいあんばいに湿って草取りも楽チンにできた。それほど暑くもなく、いい庭仕事日和だった。
ホトトギスも咲き始め、萩や水引草もまだ楽しめる。

ゼニゴケが勢力を伸ばそうとしているところにごっそりと雌花が出てきているので、けっこうこまめに摘んだ。これがどういう結果になるか楽しみだ。こ奴は無性生殖の株もあって、伸びた苔に穴があいてるのがそうなんだけど、これはどうしようもない。

草を引き、落ち葉をかき、クリスマスローズなどの古葉を少しだけ整理して見苦しくないようにした。

3時間弱の作業で70lの袋に8分目。
またぞろ腰が痛くなりそうなので、アリナミンなどをのんでだいじにする。

[PR]
by e3ei | 2017-10-09 23:58 | 庭 Garten | Trackback | Comments(0)

8月終わりの庭仕事

前回の草取りは6月中旬だったのか。2カ月以上も放置していたことになる。さすがにあれこれの草も伸びてきたし、荒れた風情になってきて気にはなっていた。

朝起きたらさわやかでこれは絶好の草取り日和と、涼しいうちに庭仕事に勤しんだ。

これがいつもあちこちに出没する、名前をどうしても特定することのできないわが家の定番。シロザかとあたりをつけてみたものの、葉の形がちょっと違う気がする。
d0013340_22522980.jpg
そして今回の新顔はこれ。初登場にしてかなり広がってた。花の形はトキワハゼに似ているが、ランナーを盛んに伸ばして匍匐で広がっていた。調べてみるとムラサキサギゴケというらしい。「グランドカバーとして庭に植えられることもあるようです。」と書いたものもある。あらま、根こそぎ引き抜いてしまった。そのうちまた飛んで来てくれるだろう。
d0013340_22525958.jpg

2時間ほどしゃがんでいたら、立ち上がった瞬間に腰にぴっきーんときた。これは危うし! ということで早々に片付けておしまいにした。
剪定はしなかったので、70lの袋に半分くらいの草取りだけで完了ということにした。
腰が落ち着いたら近いうちにもうひと仕事しよう。

水引草がいい感じで咲いていた。
d0013340_23011752.jpg
ヤブランも今年は色が薄いが少し咲いた。
d0013340_23015933.jpg
秋海棠もようやく蕾がついた。
d0013340_23023042.jpg
狭小な庭にはもう秋の気配が漂う。


[PR]
by e3ei | 2017-08-28 23:58 | 庭 Garten | Trackback | Comments(0)

6月の庭仕事 ゼニゴケ退治の成果

毎朝ミニバラの鉢植えに水を遣りながら、すくすく伸びてくるカタバミが気になりつつ早2週間、、、
きょうは気温もさほど上がらなさそうなので、午前中に草取りと落ち葉かきだけすることにした。

庭はやっぱりずいぶん荒れた印象だ。雨が降らないので乾燥してハイゴケが茶色っぽくなっているし、その合間からあれこれの雑草も好き放題に伸びている。

飛んできたミニフウロソウがあちこちで旺盛に茂ってかわいくはあるが、少し整理した方がよさそうなのでぱちぱち切ったり抜いたりした。
大きく膨らんだミントとサルビアピンクブラッシュも切り詰めた。
ことしはヤマボウシの花はつかなかったようだし、柏葉アジサイも2輪のみ、奥の方の昔からのアジサイも数輪しか咲いていない。裏年なのか、去年の剪定がまずかったのか。
茂ってきたシランと、シャガも適当に抜いて整理してやった。
クリスマスローズは種が全部こぼれてしまってた。

バラと、つぼみが出てきたねじ花にバイオゴールドをかけてやった。全体にも控えめながら水をまいた。

3時間の作業で70lの袋に7割がた。汗もさほどかかずに終えた。

そういえば、ゼニゴケがずいぶん枯れてきていた。気づくたびにゼニゴケの破れ傘だの雄株だのを摘んでいたせいだろうか。その上にハイゴケが少しずつ勢力を広げつつある。ゼニゴケが枯れただけだとそれはそれで見栄えがよろしくないが、ハイゴケがかぶさってくれるのならまあいいかな。

[PR]
by e3ei | 2017-06-11 21:32 | 庭 Garten | Trackback | Comments(0)

ゴールデンウィークの庭仕事

カタバミがそこここで花をつけて気が気ではなかった。
午前中、曇りがちな空模様を味方につけて草取りをした。カタバミは幸いなことにまだ花が咲き切ってはいなかったので、丁寧に抜いておいた。

ことしはえびねのオレンジ色の成績が悪かった。10本以上咲いていたのが3株に減ってしまっている。花穂の出ない小さな株がいくつもあるが、どうしたものだろう。あとは黄色と、ピンクと、新色が1本登場していた。
庭の「海」の部分は名前を知らない苔の類で柔らかく青々となっている。よく見るとゼニゴケと厳しく攻防戦を繰り広げている様子だ。加勢してゼニゴケの傘をざっと抜いてやった。
d0013340_15245364.jpg
草取りのほかには白山吹の剪定と、アイビーとプミラを切り詰め、シランの陰になってしまったローズマリーの植え替えと、母に持っていく水引草も少し抜いて鉢に仮植えしてみた。
庭は、何の香りだろう、エニシダのようなとても甘い花の香りがして気持ちがいい。玄関の方はスズランの香りが漂っている。
d0013340_15252356.jpg
3時間ほどで70lの袋7分目ほどになった。

[PR]
by e3ei | 2017-05-07 15:58 | 庭 Garten | Trackback | Comments(0)

春の庭仕事

いよいよ庭の草取りや落ち葉の掃除なんかが待ったなしになってきた。重い腰をあげてというか、えいやっと行ける所まで行った。
時間のある間にやればいいものを、と思わないでもないが、まあこういうのは気持ちだ!

とはいえ、記録によると前回は暮れだったので4カ月近く放置していたことになる。
雑草はかなり芽が伸びて、危ないところだった。飛んできたケヤキの落ち葉とヒメシャラの落ち葉がけっこうなことになってた。
えびねの古葉はそのままにしておいたのでここでやっと切り取った。もう芽からつぼみの花穂が出かかって来ていた。
枯れているように見えてたゼニゴケは茶色くなったところにまたも生殖器を作り増殖を企てつつある。油断も隙もあったもんじゃない。ただ、あまり小さいところは取れないので育った株だけつまみとってあとはまたの機会に任せよう。

ドイツスズランが思ったのとは別の方向に地下茎を伸ばしてしまったので、その分は掘り起こした。とりあえず大鉢に移植したが、どうしようか。

2時間弱の作業で70lの袋8分目くらいのことになった。

ひっそりといろんな花たちが春を告げていた。
d0013340_11071652.jpg
二輪草
d0013340_16245436.jpg

シャガは去年ずいぶん整理したつもりだったが、旺盛に増えていた。
d0013340_11072430.jpg
いちばん隅っこで強烈に自己主張している山吹。これはたぶんどこかから種が飛んできて大きくなったんだと思う。
d0013340_16253709.jpg
(4/17追加)白山吹が一日で咲き始めた。



[PR]
by e3ei | 2017-04-15 14:35 | 庭 Garten | Trackback | Comments(0)

年末の庭掃除・新しい庭箒

11月の終わりに庭屋さんがみえて剪定はしてくださっていた。
外から大量に飛んでくるけやきの落ち葉と、ヤマボウシの落ち葉、それに剪定枝や草やあれこれで庭は荒れ果てた印象になっていた。
この何日か暖かい日が続いてこの機にお掃除しておきましょうと大きなポリ袋と鋏を手に庭に下りる。
午前中からかかろうという算段だったが、午前中は曇ってうら寒かったので午後お日様が出てからの活動となった。

大量の落ち葉、クリスマスローズの大葉のゴワゴワなったの、ホトトギス、シラン、水引草、あれこれの朽ちたり枯れたの。ずいぶん草取りもしてなかったものと見えて、あちこちで柔らかい芽がすくすく伸びかけている。
一つ葉と風知草とヤブランは少し整理した。

土が見え、石組みが見え、手前の方に生えかけてた草が消えただけでずいぶんすっきりした印象になった。穏やかな心持で庭を眺めることができるようになってうれしい。
3時間弱の仕事で70lの袋は超満タンになったが、西側と表の方や玄関周りは手をつけられなかった。もう一度暖かい日が来るといいが。


前に100円ショップで購入した庭ほうきがはやばやとダメになったので、新たにヤシの葉脈で作られたほうきを500円ほどで買った。
土やコンクリートの上は使い勝手がよく気持ちよく掃けるが、苔の上はけっきょく手指でかき集めたほうがうまくいった。
d0013340_17203205.gif
(写真はお借りしたもの)



[PR]
by e3ei | 2016-12-20 21:28 | 庭 Garten | Trackback | Comments(0)

秋の庭・今年の初夏のメジロの巣

6月の終わりに庭のヤマボウシにメジロが巣をかけている気配があった。→❏
でも、葉蔭になってよく見ることはできなかったのだ。それが、秋になってヤマボウシの葉が落ちて枝が見えてきたら、あった、あった!!
なんとも小ぢんまりとした、でも美しい形の巣が出てきた。
枝の又に乗せて営巣するんじゃなくて枝に絡みつけてぶら下がっているのだった。
建材も細い細い枝や蔓状のもので繊細なたたずまいだ。
d0013340_21403878.jpg
今、ちょうど金木犀の散ったあとの木の中にひよどりが巣を作りはじめているかもしれない。近くでよく鳴いている。
先日はまだ翼と尾羽のないひよどりと思しき雛が庭の草むらを小走りに駆けまわっていた。

ホトトギスが咲き始めた。
d0013340_21444351.jpg

[PR]
by e3ei | 2016-10-11 23:58 | 庭 Garten | Trackback | Comments(0)

9月の庭仕事

今年は8月の草とりをさぼったのでずいぶん草が伸びてきた。カタバミの種のさやがすくすくと成長し、時限爆弾さながらに禍々しさを見せている。シロザもあちこちで花を付けている。

天気予報ではきょうの後半から下り坂というので絶好の庭作業日和だ。蚊取り線香をたいて草取りに精を出した。
カタバミはさやに触らないように注意してそっと引き抜いてポリ袋に入れてつついてやると顔に飛んでくるほど勢いよく弾ける。危なかった~~。
このところ雨がちで、今朝方も雨が降ったので土が柔らかく草は抜きやすくて助かった。あれこれの雑草を抜き、落ちはじめたヤマボウシの葉を拾い、広がりつつある水引草と風知草を整理する。3時間ちょっとで70l袋7分方の作業になった。すっきりした。今回はゼニゴケは目をつむることにした。

[PR]
by e3ei | 2016-09-11 23:58 | 庭 Garten | Trackback | Comments(0)

7月の庭仕事 (その2)

きのうの草とりに引き続き、残りの草とりと庭そうじを済ませる。

玄関周りは鉢の割れたり草花の枯れたりしたのを整理して掃除する。道路際にけっこう草が生えていたのも抜く。
家の両側の草とりもし、お隣の壁を登りつつあったアイビーとプミラも脚立をかけてはぎ取り、低いところで剪定した。
大仕事は脚立の最上段に上らねばならないこのアイビーとプミラの剪定だったが、無事に終えてやれやれだった。

とりあえずお昼まで4時間でだいたい終わらせた。

きのうの分とあわせて成果は70lの袋3つ分になった。
かなりすっきりして、きょうも北風の気持ちいいのが吹いたりして心地よい。さすがに腰がいたたた、、になってしまったが。

今年はすっかり忙しさにかまけてバジルの苗も植えそこなった。もうないだろうなあ、、




[PR]
by e3ei | 2016-07-24 15:41 | 庭 Garten | Trackback | Comments(0)

7月の庭仕事 草取り(その1)

雨も上がり、気温も上がらず、絶好の庭日和となった。

もう黙認できないなあという状況からひと月余り、一日延ばしにしてきた。
前回の記録を見ると4月の末だから、3ヶ月間手をつけずにいたということになる。
目をそむけたくなるほど荒んだ雰囲気になっていたのだった。

シロザがあちこちですくすくと伸び、スベリヒユ、ドクダミ、ハハコグサといった常連に混じって、えのころ草も何本か、珍しいところではオオアレチノギクというのだろうか、1m以上に背丈の伸びたのも2本。それに水引草がたぶん今年のこぼれ種の実生でざわざわと生えはじめていた。去年大事にしてやった秋海棠も海の部分で勝手に領地を広げていたので、退去願った。
ハイゴケというのだろうか、苔・シダの仲間がちょうど生え代わりで伸びきった地上部が枯れて、いかにも荒廃した雰囲気を醸し出していた。そろえた指で梳いてやると面白いように梳きとれた後に緑の若葉が出ていた。面積が広かったのですっきりした。イワヒバの類も勢力を広げていた部分をむしった。

ミントの横に移したピンクスプラッシュはあまり花をつけない割に、ものすごく株が大きくなって大暴れしていたので、これも小さく刈り込む。

茗荷もずいぶん大きくなってしまった。これはもう抜いた。花をつけた実を3つ収穫した。これは晩ご飯のおかずになる。

それやこれやで3時間弱で70lの袋が結べないほど満杯になった。これで庭の分だけだ。あと家の横と玄関周り、門周りが残っているが、これはまた明日にする。

[PR]
by e3ei | 2016-07-23 16:52 | 庭 Garten | Trackback | Comments(0)