晩ごはん

5月17日

ひとりごはんはキャベツ焼き
とりわけキャベツが柔らかくて甘いこのシーズンのキャベツ焼きはほんとうにおいしい。
[PR]
# by e3ei | 2011-05-17 23:17 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

晩ごはん 甘鯛の塩焼き

5月16日

甘鯛の塩焼き
炊き合わせ(なす、インゲン、平茸、お揚げ、昆布)
野菜の胡麻ドレッシング和え(大根、ニンジン、キュウリ、煎りゴマ、じゃこ)
おみそ汁(ほうれん草、玉ねぎ、椎茸、麩)
豆ご飯(グリーンピース)
黒豆

アマダイはおとというおはつさんで購入し切れる冷凍で保存しておいた。身がふわりと甘くてたいへんにおいしい。
今年初めて茄子の炊き合わせをする。もうこんな季節になりつつあるのだ。
胡麻ドレッシング和えは大根、ニンジン、キュウリの千切りを塩揉みし、塩分はさっと流す。野菜に胡麻ドレッシング、マヨネーズ、米酢を若干控えめに、さらにゴマとおじゃこを加えて和える。さっぱりしてこくがあっておいしくいただく。
グリーンピースはいよいよ旬だ。
[PR]
# by e3ei | 2011-05-16 23:10 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

晩ごはん 鰊の塩焼き

5月15日

鰊の塩焼き
きゅうり、トマト、わかめの三杯酢(新ショウガ)
ほうれん草と椎茸、お揚げのソテー
梅しそ納豆(たたき梅、青紫蘇の葉、煎りゴマ、昆布)
おみそ汁(小松菜、豆腐、椎茸)
黒豆、高菜の新漬け

ニシンは季節外れだが、まだ子もちもある。
酢のもののトマトは湯むきして三杯酢に浸しておく。もうこんな季節になっている。紫蘇は植えた苗のほかにこぼれ種で勝手に生えてきたものもいる。
[PR]
# by e3ei | 2011-05-15 22:44 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

晩ごはん ひらめお造り

5月14日

ひらめお造り
まぐろ中落ち
炊き合わせ(豆腐、ごぼう、人参、椎茸、インゲン)
小松菜のじゃこ胡麻和え
おみそ汁(高菜、豆腐、お揚げ、椎茸)
黒豆
焼のり

お刺身はうおはつさん。それぞれにとてもおいしい。中落ちはたまたま出会うしかないのだが。有明海の海苔と一緒に食べるとさらにおいしい。
どこかでワサビを調達してこなければ。
[PR]
# by e3ei | 2011-05-14 23:47 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

晩ごはん 軽めのごはん

5月13日

今晩は軽めに

お豆腐(旨塩豆冨)
ほうれん草の胡麻和え
おみそ汁(ごぼう、人参、お揚げ、椎茸、ねぎ)
発芽玄米ご飯
高菜新漬け

胡麻和えの和えごろもをつくるときに出汁を足す。味わいがぐっと柔らかくなっておいしい。
旨塩豆冨は同じ豆八伊兵衛の豆の雫とは違って豆乳は入っていないが、豆の旨みが濃い。
[PR]
# by e3ei | 2011-05-13 23:58 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

話題の塩麹をつくってみる

「塩麹」なるものを知ったのは今年になってからだ。検索してみるとネット上では人気も高く、テレビでも取り上げられているのだそうだ。にこにこなんかでもおいしそうにつくっている動画がある。

そんなにおいしいのか、と、ネット上で通販を探してみるが、あまり販売していないのだ。それでみうらやさんに行くと、ただいま交渉中でまだ入荷していないのだそうだ。ただ、これからはやるからと、麹は売ってあり、そばに塩麹の作り方を書いたポップがたっている。時間はかかるものの手軽に作ることができるようでもあり、それならば、と、自分で作るべく原田こうじの麹と塩を購入する。

d0013340_1403459.jpg


手順はネットでも多くの方が丁寧に教えてくださっているのでそれに従う。

d0013340_1422768.jpg


麹を手で割りほぐすとあまやかな香ばしくいい香りがする。2~3粒口に含んでみると浸水したお米ほどの固さのほの甘くて懐かしい感じ。
麹400gに塩120g強を混ぜ合わせ、水をひたひたまで入れて作業完了。

d0013340_1431070.jpg

d0013340_1432941.jpg


うまく育っておいしくな~れ。
楽しみなり。



追記
3時間後に見に行くと、すでに水が引いてしまっている。またひたひたまでお水を足しておく。

→→
1回目 途中経過(2011年5月19日)
     完成(2011年5月23日)
2回目 仕込み(2011年7月15日)
     途中経過(2011年7月19日)
     完成(2011年7月22日)
3回目 仕込み(2012年2月18日)
     完成(2012年3月2日)
[PR]
# by e3ei | 2011-05-13 00:31 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

晩ごはん メバルの炙り

5月12日(3_1)

メバルの炙り(お造り)
炊き合わせ(がんもどき、ニンジン、新ゴボウ、インゲン、椎茸、山東菜)
アスパラときのこのソテー(待機組)
筍煮、ソラマメ
おみそ汁(高菜、お揚げ、椎茸)
うずら豆、高菜漬け


炊き合わせはごぼうの香りがよく、がんもどきも出汁をよく吸っておいしい。彩りもとてもよくておいしそうに見える。高菜のおみそ汁はとても香り高くておいしい。
お味噌は、原田こうじの味噌をおいしいと思い使っている。いま品切れ。
[PR]
# by e3ei | 2011-05-12 23:20 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

晩ごはん 天然鯛のゴマ醤油

5月11日

天然鯛のゴマ醤油
生の高菜と豚肉の味噌炒め
アスパラとエリンギのソテー
がんもどき
みそ汁(牛蒡、人参、椎茸、お揚げ、ねぎ)
筍煮
ソラマメ
高菜漬け(新)

天然鯛はこの頃そのままお刺身でいただくよりもごま醤油で食べるのが好みになっている。すりごまに出しと醤油で和えごろもをつくって刺身を和える。
みそ汁の具は笹がきゴボウの大きさに合わせた。なかなかにおいしい。

煮物をしなかったので出し汁が少し余った。コップに移してお醤油をちらっと垂らしていただくとおいしかった。
[PR]
# by e3ei | 2011-05-11 23:13 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

晩ごはん

5月10日

ひとりごはん
キャベツ焼き。以上。

キャベツ、椎茸、エダムチーズ。どろソースに松田のマヨネーズ。

薄力粉に鶏がらスープの素とカツオだしのもと、チーズを適量入れ牛乳で溶き卵を割って混ぜる。キャベツと椎茸を刻んで混ぜる。フライパンにオリーブオイルを温めて種を流し入れ弱火で3~4分、フライパンを揺すってひっくり返してまた3~4分。お皿に移してソースとマヨネーズをかけて食す。
[PR]
# by e3ei | 2011-05-10 23:51 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

晩ごはん カマスの炙り

5月9日

カマスの炙り(刺身)
サラダ(コールスロー:キャベツ、人参、きゅうりとスモークサーモン、ハーブいろいろ、トマト)
筍の味噌煮
胡麻寄せ豆腐
味噌汁(高菜、揚げ、椎茸)
うずら豆
高菜新漬け

待機組
蕗、蕗の葉


サラダはコールスローにするより、ポン酢とオリーブオイルに黒コショウを挽いただけの方がおいしかったと思う。マヨネーズ味がスモークサーモンとぶつかってしまう。

胡麻寄せ豆腐は豆八伊兵衛。ふつうの寄せ豆腐の方が豆腐豆腐していておいしい。
[PR]
# by e3ei | 2011-05-09 21:45 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

応援の晩ごはん

5月6日

鶏飯おむすび・えび天おむすび
コロッケ・豆腐コロッケ
コールスロー
筍と鶏肉の味噌煮


5月7日

牛肉と新ごぼうの炒め煮(生姜、椎茸)

トマト
お漬物いろいろ


5月8日

(お弁当)
牛肉
生の高菜と豚バラ肉の味噌炒め煮
お漬物いろいろ

温泉卵のわり方を実演して勧めてみる


おなかの痛みがかなりきついようで「ごめん」と言ってほとんど食べない。一日一食、それも半分とか三分の一程度。
晩ごはんはもっぱら応援部隊用。
[PR]
# by e3ei | 2011-05-08 23:46 | 親 Eltern | Trackback | Comments(0)

晩ごはん スズキの香草焼き

5月5日

スズキの香草焼き(パセリ、セイジ、ローズマリー&タイム、月桂樹)オレガノ添え
和風サラダ(トマト、ウド、キュウリ、小鯛の酢漬け、三杯酢、バジル)
納豆(青シソ、梅、胡麻、生姜)
ソラマメ
待機組(筍味噌煮、蕗煮、蕗の葉)
おみそ汁(山東菜、蕪、麩、椎茸)
糠漬け
うずら豆

香草焼きは庭の香草が育ってきて豊かになる。スカボロー・フェアーのとおりになって思わず笑う。あの歌がはやったころはパセリ以外は見たこともなかったことなんかを思う。
納豆はしそを糸のように細く切り、細かくたたいた梅と細かいみじん切りの生姜、煎りゴマとほんの少したれを混ぜ、それで納豆を和える。しそは都合6枚しか収穫しなかったが、もっとたくさん入れてよかった。

だしがうまくいった。1リットルに昆布10センチ、煮干し5匹、椎茸一かけで、前の晩から水に漬け、そのまま弱火で温め、沸騰寸前に昆布といりこを引き上げ、椎茸を少し炊く。


留守ごはんはミネストローネ。
[PR]
# by e3ei | 2011-05-05 23:10 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

晩ごはん クロダイのあら炊き

5月4日

クロダイのあら炊き(牛蒡、生姜、木の芽)
ウド、トマト、キュウリの三杯酢和え
ウドの皮と人参のきんぴら
筍味噌煮

蕗の葉の炒め煮
味噌汁(ウドの穂先、平茸、絹揚げ)
ぬかみそ漬け
煮豆

クロダイはうおはつさん。29日の刺身のあらを冷凍しておいたもの。脂がのっていて癖もなく、たいへんにおいしかった。値段のことを言って何だが、これで350円とは申し訳ないくらいだ。ごぼうもいい塩梅で炊けたし、新生姜もいい。

ウドは下処理に15分。短冊にしてさっと湯通しして酢水につける。そのあとビニル袋にトマト、キュウリと一緒に三杯酢につけておく。季節ものでさっぱりいただく。
ウドの皮のきんぴらははじめてする。まあおいしいが、筋張っていて歯の間に挟まるという難点がある。
ウドの穂先はてんぷらにするとよいと袋には印刷されているが、てんぷらの予定もないので食べやすく割っておみそ汁の具にする。

あとは冷蔵庫の待機組
[PR]
# by e3ei | 2011-05-04 21:40 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

晩ごはん のどくろのひらき

5月3日

のどくろのひらき
絹揚げとほうれん草の炊き合わせ(平茸)
蕗の炊いたの
蕗の葉の煎り煮
筍の味噌煮
味噌汁(ごぼう、ねぎ、山東菜、椎茸)
糠漬け(きゅうり、茄子)
黒豆
豆ご飯

蕗は下処理をして出しとみりん、しょうゆで少し甘辛く炊く。
八百屋で半分に割ってもらった蕗をさらに半分にして大鍋のたっぷりのお湯で3分間湯がく。葉っぱも2分くらい湯がく。冷水にとって皮をむく。3つに切り、だしがなくなるくらいまで炊く。
葉っぱは絞ってみじん切りにする。フライパンに太白油を温め、葉っぱ、じゃこ、煎りゴマすりごまをたっぷり入れて炒める。酒を投入してふっくらさせる。みりん、だしを加えて炒め煮にする。醤油で味を調えて水分を飛ばすとでき上がり。
蕗は下処理に15分くらいかかる。この15分の精神的ハードルはけっこう高い。

のどくろはなぎさやさん。絶品なり。いつものことだが。

みそ汁のだしは、きのういりこにした効果抜群で、こうばしかった。さらに、煮たつとすぐに煮干しを引き上げた。その結果、臭みは全く感じなくなった。今晩は煎らずに漬けてみる。これでどういうだしになるのか。

筍は一晩おいてさらにまろやかになる。昆布も溶けそうになる。


昼ごはんはダンディゾンのパンいろいろと、スモークサーモンとレタス、ハーブのサラダ。
[PR]
# by e3ei | 2011-05-03 22:18 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

晩ごはん 鯛の胡麻和えとカサゴの昆布〆

5月2日

鯛の胡麻和えとカサゴの昆布〆
筍の味噌煮
コールスロー(キャベツ、キュウリ)
五島三菜
豆の雫
お味噌汁(山東菜、お揚げ、椎茸)
生姜ごはん(新ショウガ、お揚げ)


筍の味噌煮はやすこさんという方のレシピである。たまたま別の検索をしていて出逢った。読んでいると筍はまず味噌煮、次にお醤油煮とある。それでは、と炊いてみる。早煮昆布はなかったのでだしをとった昆布を切って使う。これがほっこり滋味で懐かしくもおいしいのだ。たぶん初めていただくのだが懐かしいような味わい。

コールスローは、新キャベツの味わいを生かすべく、幅7ミリくらいの太めの千切りにする。塩も少々控えめにあまりぎゅうぎゅう揉まない。胡麻ドレッシングで和えるととてもおいしい。

生姜ごはんは初めての試みだ。八百屋のおじさんはご飯が炊きあがって蒸らす時に生姜を入れるように言われたが、最初から入れて炊き上げた。お米2合に一かけ(40gくらい)を使ったが、もっとたくさん使ってよかった。さわやかな香りで食が進む。
ご飯2合、新生姜とお揚げ(3分の2枚)は細かいみじん切りにする。酒、塩、薄口醤油で調味して昆布と一緒に炊く。

煮干しのだしが少々生臭い気がするので、今晩は空煎りして水につけてみる。所謂いりこということ。

追記
煮干しのページをみると、このように一晩漬けておいた場合は、沸騰したら引き上げるように記してある。最後まで具材とともに煮ているのはよくないかもしれない。


昼ごはんはサラダをつくる。レタス、キュウリ、ミディトマト、それに庭からパセリ、ルッコラ、バジル、ペパーミントを摘んでくる。黒コショウをたっぷり挽き、ポン酢とトスカーナのオリーブオイルを回しかける。さわやかでとてもおいしい。
[PR]
# by e3ei | 2011-05-02 22:01 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)