タグ:保存食 ( 14 ) タグの人気記事

唐辛子の醤油漬けを作ってみる

農家の庭先販売に青唐辛子が時々出ている。
これでびりりと辛いお醤油漬けを作ってみるのはどうかと思っていた。
今日駅の辺りまで買い物に行ったら、旧コンビニの店先ワゴンに唐辛子が並んでいた。対応した男性はどうやら育てた人のようだ。
この唐辛子のほかに日光唐辛子というものや葉っぱのついた唐辛子も並んでいたが。これを勧められた。120円也。

唐辛子は防犯スプレーになるくらいなので、ゴム手袋をしてことに当たる。
まずはよく洗って、水分をぬぐう。
d0013340_21571378.jpg
念のためにマナ板にもペーパーを敷いて刻む。
小さなボトルがなかったので、大きなボトルの底の方にちょっぴりになったが、ひたひたになるくらいにお醤油を注ぎ入れる。
ものの10分で仕込みは終了。
d0013340_21574341.jpg
3~4日から食べられるそうだ。楽しみに待とう。



[PR]
by e3ei | 2016-08-26 22:05 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

赤カブの甘酢漬けを作ってみる

ヨコキファームに行くと、大小の赤カブを袋に詰めて売っている。
これはどうやって食べるんですかと尋ねると、薄くスライスして甘酢に漬けるとおいしいと教えてくださる。
なるほど、甘酢漬けは箸休めにいいし、色も美しいのでやってみることにする。
d0013340_16142043.jpg
(マグカップよりはるかに大きい)

台所のキャビネットを開けてみるとお酢がほんの少ししかない。ためしに小さいほうの蕪を漬けてみることにする。
半分に切って薄くスライスし、塩もみにする。
d0013340_16172722.jpg
(中側が完全に赤いわけではない)

それを砂糖大さじ1、醸造酢50ccくらいの漬け汁に漬ける。
ものの10分もたたないうちにお酢はきれいなイチゴ色に染まってくる。美しい。
d0013340_16195421.jpg




[PR]
by e3ei | 2016-02-04 23:58 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

太刀魚の塩焼きと、聖護院大根の炊いたのと、ほうれん草のソテー、それにルッコラと春菊のサラダ

12月13日(日) 曇り時々雨。11.2℃ (11:30)/ 9.2℃ (03:20)、86%。

太刀魚の塩焼き(+完熟カボス)
聖護院大根とさつま揚げの炊いたの(聖護院大根、さつま揚げ、大根葉)
ほうれん草のソテー(ほうれん草、ベーコン、シメジ)
ルッコラと春菊のサラダ(ルッコラ、春菊、ラディッシュ、酢玉ねぎ、酢醤油玉ねぎ)+ポン酢しょうゆ、EVオリーブオイル、黒胡椒
焼海苔
お味噌汁(蕪、豆腐、大根葉、シメジ)+味噌
ごはん

太刀魚はきのううおはつさんで。程よい大きさでおいしかったが、ちと身が柔らかで、あらと思う。
カボスは農家の庭先で買ったが、樹上で完熟したものだろう。とてもきれいな山吹色だったが、香りが薄く酸味も弱く、やっぱり青いときがおいしいんだと納得した。

聖護院大根はきのうサカイカフェの前で半分に割ったのを買う。皮つきで900gだった。
さつま揚げと一緒に炊く。薄口醤油で仕上げるので色白に炊きあがった。

ルッコラのサラダは毎度のことながらおいしい。
きのう酢醤油油の玉ねぎも作ってみたので、それも一緒に使う。
d0013340_21451220.jpg

酢玉ねぎ2種。左がお酢とバルサミコ、右がお酢と薄口しょうゆとオリーブオイル。
d0013340_21470269.jpg
バルサミコ50cc、お酢100cc、お水100cc、砂糖TbS1、塩少々。玉ねぎ1個。
お酢100cc、しょうゆ50cc、オリーブオイル30cc、お水50cc、砂糖TbS半分。玉ねぎ1個。 
オリーブオイルは入れなくてもいい。分離してしまうのと、香りがくどい。食べるときにおいしいオリーブオイルやごま油を使った方がいい。


[PR]
by e3ei | 2015-12-13 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

サバのお醤油煮と、しんとり菜と豚肉と豆腐の炊いたの、それに人参サラダ

11月14日(土) 霧雨のち夕方から本降り。 13.2℃ (13:20)/ 11.6℃ (05:20)、96%。

鯖のお醤油煮(生姜)
しんとり菜と豚肉の炊いたの(しんとり菜、豚バラしゃぶしゃぶ、豆腐、揚げ)
人参サラダ(人参、酢玉ねぎ、ルッコラ、炒りごま)+マヨネーズ
煮豆
お味噌汁(大根、玉ねぎ、蕪菜、揚げ)+味噌
ごはん

鯖はこの前の残り半分を解凍した。味噌煮にしようかと思ったが、お醤油で甘辛く炊いてみた。生姜一かけ半分は薄切りにして煮汁に入れ、半分は針生姜。
味噌煮よりもくせがなくて食べやすいかな。

しんとり菜と一緒にさつま揚げを炊く予定だったが、きのう買いそこなってた。お揚げと豚肉にしてみた。いつもより醤油を気持ち多めに入れた。思ったような味でおいしくいただく。

庭先販売の小さな泥つき人参を使ってみて、その香りの強さにびっくりした。そしてお店で買う人参の頼りなさに思い至る。
こういう「くさい」のが人参だったなあと思う。

土曜日だったが雨で魚屋肉屋の買い物に行けなかった。来週は冷凍庫のありものを整理しつつになるかなあ。


酢玉ねぎはもはや調味料だ。だいたい1週間で一玉強くらいかな。
きょう玉ねぎのストックを見てびっくりしたけど、あと2玉しかなかった。
10/5に5kg買って食べ始めた記録があるので、まあ、だいたい50日弱で5kgというところかしら。1日100g/2人、平均してみるとそんなものなんだなあ、もっと食べてるのかと思ってた。



[PR]
by e3ei | 2015-11-14 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

肉つみれと絹ごしとほうれん草の鍋仕立てと、豆腐の卵とじ、それに焼きちくわ

10月19日(月) 秋晴れ。23.8℃ (13:40)/ 12.3℃ (06:10)、54%。

肉つみれと絹ごしとほうれん草の鍋仕立て(豚ひき肉・鶏挽肉・玉ねぎ・青ネギ・柚子胡椒、絹ごし、ほうれん草、葱、シメジ)
豆腐の卵とじ(絹ごし、豚肉、ほうれん草、葱、シメジ、卵)
焼きちくわ+酢玉ねぎ
お味噌汁(里芋、葱、揚げ、豆腐)
ごはん

肉つみれは柚子胡椒を加えてパンチのある味付けをし、お鍋の出汁は酒と醤油少々でごく薄味に仕立てる。
スプーンで肉をすくい落として煮立て、葱、きのこ、豆腐とほうれん草を加える。

冷蔵庫でちくわが半分残ってた。残りものだったし煮物用のあんまりいいちくわではなかったので短冊に切ってトースターでよく焼いて食べた。

すっかり酢玉ねぎにはまってしまっている。バルサミコとキビ砂糖を加えたことでツンとしない柔らかな風味と香りが加わってとてもおいしい。
淡路島の玉ねぎは、最初の一個だけが異様に辛くて、刻むときにも目に刺激があったが、それ以外は辛くなくておいしくいただいている。
これならリピートしてもいいかもしれない。




[PR]
by e3ei | 2015-10-19 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

アジの胡麻和えと、豚肉の肉豆腐、それに水茄子ときゅうりの浅漬け(自家製浅漬けのもと)

9月18日(木) 晴れて湿度も低くさわやか。25℃/19℃、38%。

アジのお刺身の胡麻和え(生姜)
豚肉の肉豆腐(絹ごし、玉ねぎ、人参、いんげん、しめじ、豚しゃぶ用バラ肉)
水茄子ときゅうりの浅漬け
ぬか漬け(人参、蕪)
ウズラ豆の煮豆
お味噌汁(ほうれん草、ねぎ、しめじ、揚げ)
ごはん

アジはグレース。きのうの針生姜がたくさん残っていたので活用する。おろし生姜を混ぜた胡麻和えの上に針生姜をあしらう。ピリッとしてとてもおいしい。

日が暮れるとひんやりするようになったので温かいおかずが恋しくなる。肉豆腐。もうこんなあったかいのがご馳走になってきたんだなあ。

こがねやさんで水茄子を売っていた。初めて買ったが、水茄子は茄子とは別物だとわかった。皮も柔らかいし身も水分を十分に含んでいてやわらかい。これは浅漬けにぴったり。
浅漬けの漬け汁 レシピ
水 200cc
砂糖 10g
食塩 10g弱
みりん 10g
千鳥酢 8g
りんご酢 2g
薄口醤油 2g
昆布 少しを針のように切る
これらをカップに入れてレンジで加熱して調味料を溶かす。冷まして野菜を30分ほど漬ける。野菜は最後に少しもむと味がしみるようだ。
りんご酢を入れたことで水茄子の風味が増した。おいしかった。

追記
グレースでヤガラという珍しい魚をみた。1メートルはないくらいの細長く赤い魚だが、くちばしが異様に長く、頭部が全体の三分の一ほどにもなる。グレースらしい。老社長さんは刺身、煮つけ、筒切りにして塩焼きもいいとおっしゃってた。1本880円だった。わーわー珍しがってばかりでごめんなさいと、尻込みしたのである。
こちらをみるとたいへんおいしい魚なのだそうだ。



[PR]
by e3ei | 2014-09-18 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

塩レモンその後(途中経過)

塩レモンを仕込んだのは記録をたどると8月3日となっている。かれこれ2週間がたった。
暑い盛りだったので漬けこんですぐに冷蔵庫で保存した。忘れない限りは一日一度塩水が行き渡るようにボトルを傾けて回してやった。

ネットの指南によると漬けて数日で水気が上がってくると書いてあったが、結局1日目に1.5センチほど水分が出たっきりだった。そういう時は10%食塩水を加えるように書いてあったので、1週間目くらいにレモンのてっぺんから1センチ下くらいまで足した。
そしてその日から夜間だけ冷蔵庫から室内に出して昼間は冷蔵庫で保存するようにした。

きのう気づくと水分に少しとろみが出てきていた。段々それらしくなってきたかもしれない。ただ、まだ塩味もレモンの風味もがとがっている。これがまろやかに練れた味になっていくのだろうな。

楽しみです。
d0013340_11441867.jpg


[PR]
by e3ei | 2014-08-20 11:45 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

塩レモンを作ってみる

きのう北海屋さんで高知のレモンを買ってきたので塩レモンをつけてみる。
レモン2個250g、塩10%25g。
レモンはよく洗って8つに切り、塩をまぶして保存瓶に入れ、夏なので冷蔵庫で保存する。
ネットのあちこちのレシピによると、一日一度なじませてやり、ひと月くらいから食べられるそうだ。

楽しみです。



[PR]
by e3ei | 2014-08-03 21:49 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

ピクルスを作る

いただきもののきゅうりとお茄子が消費能力を上回っている。
ちづるさんにいただき、きょうは桃屋のおじいさんにおまけで30センチ越えのきゅうりとお茄子を3本頂戴する。

思いついてキュウリのピクルスをつけてみる。
前に漬けた記録があり、これで酸っぱかったと感想をつけているので、水を多めにしてみる。
ビネガー100ミリ、水200ミリ、砂糖30g、塩大匙1弱、ハーブとしては鷹の爪2本、黒コショウホール茶匙1、それに朝岡スパイスの「ピクルススパイス」を適宜。
オバケきゅうりは種の部分を落として4つ割りの4等分。これでも十分に大きい。これに人参をスティックにして適宜。

実はピクルス、それほど好きではないんだけど、あればあったで重宝するので。


さて、後は1ダースもあるお茄子(笑)。




[PR]
by e3ei | 2014-07-25 20:30 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

はちみつ生姜とはちみつレモン

昨晩、はちみつ生姜(2回目)を作る。2週間ほど前に、はちみつレモンも作った。
→一回目
ティースプーンに一すくいをティーカップで熱湯に溶いていただいていたらおいしかった。2週間ほどは蜂蜜かショウガかわからないが、ほのかに生臭いのだが、それもほどなく消える。
おいしいのではちみつレモンも試してみようと、大隈通りのお店から減農薬レモンを購入してスライスして漬けてみた。

応援の晩ごはんで、アルタに新生姜が出ていたのでそれをお土産にして、第2回目は新生姜の蜂蜜生姜だ。
漬けてものの10~20分ですでにはちみつがさらさらになってくるのにはビックリ!新生姜は水分が多いのだろうか。

しばらくおいてなじませてからまたいただくことにしよう。
[PR]
by e3ei | 2012-03-29 10:52 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)