鯛の香草焼きと、鶏と根菜の煮物、それに冷奴

2018年9月13日(木)曇り時々晴れ、夜小雨。 26.6℃ (13:30)/ 16.8℃ (05:43)、62%。

鯛の香草焼き(鯛切り身、小麦粉、ローズマリー、月桂樹)
鶏と根菜の煮物(鶏、牛蒡、人参、大根、里芋、蒟蒻、がんも)
冷奴(絹ごし豆腐、削り節)
黒豆煮
紅塩鮭
お味噌汁(キャベツ、玉葱、シメジ)+味噌
ごはん

鰹節屋さんでいい削り節を買っていたので、それと昆布で出汁を引いた。削り節は水1lに対して50g使うようにということだった。前に上粉で出汁を引いたときに、あまり多いとくどく感じたので、今回も少々控えめに40g使った。
これは実にすばらしいだし汁になった。ただ、申し訳ないが、好みから言うとお味噌汁はやっぱりきつく感じて煮干出汁のほうがいい。慣れの問題でもあるかもしれない。煮物にはぴったりで、旨みが豊かでびっくりするほどほんの少しの調味料ですむ。
一番の問題は削り節が高価なことかな。

で、今日のおかずは根菜の煮物と、さわらの塩麹付け焼きをするつもりだったが、急にお料理の後でグリルを洗うのが面倒な気がして鯛のハーブ焼きにした。おいしかった。

少しずつ気温も落ち着いてきた。当然だろう、もう9月の真ん中だもの。


[PR]
トラックバックURL : https://blueten.exblog.jp/tb/27106129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by e3ei | 2018-09-13 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)