Bluetenの晩ごはんを中心に、[こんなふうです]という備忘録。


by Blueten
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

鶏の生姜照り焼きと、ほうれん草のたまご炒めと、キャベツのコンビーフとコーンマヨ和えと、生湯葉、それに温奴

2018年11月29日(木)晴れたり曇ったり。 14.8℃ (12:13)/ 10.1℃ (06:55)、44%。

鶏の生姜照り焼き(鶏もも肉、玉葱、椎茸、生姜)+酒、味醂、醤油、塩麹
ほうれん草のたまご炒め(ほうれん草、卵)+ナンプラー
キャベツのコンビーフとコーンマヨ和え(キャベツ、コンビーフ、マヨネーズ、ヨーグルト、コーン水煮)
生湯葉
温奴(木綿豆腐、削り節)
白菜漬け
煮豆
お味噌汁(なす、大根、小松菜、椎茸、絹揚げ)+味噌
ごはん

鶏ももはぶつ切りに塩麹をまぶして冷凍していたのを解凍して使った。
フライパンで皮目から焼き、ひっくり返すときに玉葱薄切りと椎茸も加えてそばで炒める。酒、味醂醤油の調味液に生姜をたっぷりすり下ろす。肉が焼けたころあいで調味液を足してゆっくりかき混ぜながら味をなじませ、水分が少なくなったら出来上がりとする。生姜がピリッと利いておいしかったが、塩麹の分味が濃かった。

キャベツのコンビーフ和えは、もう少しスパイスを使ってどうにかなる工夫の余地がある。キャベツはざく切りにしてレンジで加熱し、和え衣と一緒に和える。

生湯葉は30度に温めていただいた。冬はこうして温めた湯葉が格別だ。



[PR]
トラックバックURL : https://blueten.exblog.jp/tb/27244750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by e3ei | 2018-11-29 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)