2017年 12月 18日 ( 1 )

12月18日(月) 晴れ。9.8℃ (14:32)/ -4.0℃ (07:07)、40%。

鱈と白菜の豆乳クリーム煮(生鱈、白菜、玉葱、シメジ、スゴイダイズ、パルメザンチーズ)
ひじきのなんちゃって白和え(ひじき煮、木綿豆腐、すり胡麻)
油揚げの納豆葱詰め(油揚げ、納豆、葱)
焼豚とグリーンサラダ(焼豚、サニーレタス、春菊)
焼海苔
お味噌汁(キャベツ、玉葱、蕪菜、ジャガイモ、煮干し)+味噌
ごはん

黄金やさんで白菜を一玉購った。2.4Kgで300円。昨年までの北海屋さんの新理想4キロ超えで400円に比べるとずいぶん割高な気もするが仕方がない。
で、きょうは早速これを使って鱈のクリーム煮にした。歯触りがじゃきじゃきした感じだ。あのむっちりした感じの歯触りは種類なのか季節なのか。

やっぱり豆腐の登場の仕方がすっかり変わってしまった。奴豆腐が登場しなくなったし、一番の痛手は絹揚げ豆腐だ。
でもそれに代わって、豆乳豆腐とか、ひじきのなんちゃって白和えとか、生湯葉とか、新たなあれこれが登場したのは喜ばしい。
きょうはひじきの五目煮を購いなんちゃって白和えだ。きのう木綿豆腐を1/3丁取り置いてたのを、レンジで40度にチンして絞って水切りして使った。スプーンですりつぶし、すり胡麻と出汁醤油を数滴、ひじきの五目煮を混ぜて和える。
これは具をいろいろ工夫できそうだ。

※ すりつぶすところをビニル袋でできるかどうか、やってみること ←自分メモ


皮膚科。



[PR]
by e3ei | 2017-12-18 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)