2018年 01月 06日 ( 1 )

2018年1月6日(土)晴れ。 10.7℃ (14:48)/ -4.0℃ (05:23)、37%。

アジの香草チーズ焼き(鯵、パルメザンチーズ、パン粉、セロリ、シメジ)+ドライタイム、ドライバジル
里芋とツナとセロリのサラダ(里芋、ツナ、セロリ、酢玉葱人参、マヨネーズ、パルメザンチーズ)+黒胡椒
ひじきの白和え(ひじきの煮物、田舎豆腐、練りごま、つき胡麻)
生湯葉
白菜柚子塩麹(白菜、大根皮、柚子、塩麹)
焼海苔
豆きんとん
お味噌汁(大根、ニンジン、シメジ、あおさ、煮干し)+味噌
ごはん

アジはグレイスで、三枚に下ろしてもらったのを焼いた。少々形は小さかったがおいしい鯵だった。

にわたさんでほうれん草を買ってたら里芋を強烈に推されてたくさんあるので、里芋サラダでもと思い、ネットでおいしそうなレシピを見つけて参考にした。ポテサラとは全く違う味わいで、これはなかなかおいしかった。162.png
手順
里芋はレンジで加熱しておく。先に皮をむいた方がやりやすい。
酢玉葱人参、薄切りセロリ、ツナ、マヨネーズとパルメザンチーズに黒胡椒をたっぷり引いておく。
ここに適当な大きさに切った里芋を混ぜ、しばらく味をなじませる。
レシピによるとツナと黒胡椒がポイントなんだそうだ。

冷蔵庫の野菜が底をついたので農家巡りをしたが、まだほとんど始まってなかった。スーパーの野菜の異常高値はまだ続いている。ムラカミさんはパスして大和屋さんにご挨拶し、グレイスに回った。
グレイスは魚はいいし下ごしらえもしてもらえる。でも何かが決定的に足りないのだ。それを考えてると、わたしが個人商店を愛してやまないのは、きょうのお勧めを勧めてくれたり献立のヒントをくれたりそういうやり取りのありがたさゆえと思い至った。。スーパー形式ではすべて自分の目一つで選ばなきゃならない。これがかなりストレスになってるのに気づいたのだ。魚初さんのおかみさんはとりわけこちらの好みや買い物履歴なんかも知ってピンポイントで勧めてくださり、言われるままに買い物してたところがあった。武蔵野青果店も小島水産もそうだった。北海屋さんも。プロの目をもったそういうアドバイザー的な存在がなくて自分で選んで決めなきゃならないのはストレスなのだ。

----------------
母は驚異の回復力を発揮している。
きょうは声もだんだん元気になってきて、自分でもきのうよりはずいぶんいいと言ってた。早く元気にならないとと言ってた。偉いなあと思うし、ほんとにうれしい。応援!!

----------------
午後からずっと添削で頭と首と目と肩と腰が痛くなった。



[PR]
by e3ei | 2018-01-06 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)