タグ:こころみ ( 71 ) タグの人気記事

2019年2月16日(土)晴れのち時々曇り。 13.7℃ (14:02)/ 0.7℃ (06:46)、40%。

鯛のワイン蒸し(鯛、白菜、玉葱、ワイン)+バジルペースト、タイム、黒胡椒
コールスロー(キャベツ、玉ねぎ、にんじん、ハム)+ポン酢しょうゆ、オリーブ油
ひじきの白和え(木綿豆腐、練りごま、つき胡麻、ひじき煮)
大根煮(大根、人参、じゃこ天)
焼海苔、梅干し
お味噌汁(大根皮、サツマイモ、小松菜、しめじ、煮干し)+味噌
ごはん

鯛は魚初さんで勧められた小型のひとり一匹もの。これをワイン蒸しにしてみた。フライパンに1センチ幅くらいの横切りにした白菜の軸と玉葱の輪切りを敷き詰めてワインとお湯をカップ半分ほどを注いで蓋をして加熱する。やわらかくなったところに塩をしておいた鯛を乗せる。黒胡椒とタイム、バジルペーストを散らし、ワインを鯛の上から注ぐ。白菜の葉っぱの部分を乗せ、味噌汁の昆布も乗せ、アルミホイルで落し蓋をして蓋をして10分ほど蒸し煮にする。
鯛が上等だったせいもあって、たいへんおいしかった162.png

魚初さんはきのうから週半分だけの営業再開だ。奥さんと話したが、3月いっぱいで閉店されるそうだ。やっぱりご主人が一日の立ち仕事がつらいのだとおっしゃる。また二人で少し涙目になりながら、ほんとに寂しくなっちゃうと、しみじみする。

ブルーノ・ガンツが亡くなる。「ベルリン・天使の詩」(ヴィム・ヴェンダース監督 1987年)もよかったが、「永遠と一日」(テオ・アンゲロプロス 1998年)が心に残る。


by e3ei | 2019-02-16 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)
2019年2月1日(金)晴れ。 8.8℃ (13:42)/ -1.2℃ (23:10)、25%。

マッサマンカレー(きのうの)
大根と豚肉の煮物(その前の)
白菜ナムル風(白菜、つき胡麻、胡麻油、削り節、ポン酢醤油)
お味噌汁
ごはん

山行き
おかずのあれこれは冷蔵庫から登場いただいた。

白菜がとてもおいしかった。きのう薄塩漬けしていた白菜にすりごま、ごま油、ポン酢醤油を数滴垂らして削り節を気前よく乗っけるだけ。やわらかい味わいでこれはよかった。162.png
いつもはちりめんじゃこでやってるが、おじゃこだとごまの味もおじゃこの味もけっこう主張する。削り節だと全体がふんわり一体化しておいしい白菜をいただいてる雰囲気になるのがとても不思議。

山のほうは木々の梢の雪が解けずに山全体がうっすら雪景色でとても美しかった。
d0013340_00584924.jpg


by e3ei | 2019-02-01 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)
2018年12月15日(土)晴れ。 9.9℃ (13:17)/ 0.8℃ (22:35)、38%。

メバル煮つけ(メバル)
湯葉と小松菜のさっと煮(小松菜、湯葉)
香草サラダ(キャベツ、ルッコラ、春菊、ミックスナッツ、かぼちゃの種)+ポン酢醤油、オリーブ油
大根葉の胡麻じゃこ炒め(大根葉、かちりちりめん、つき胡麻)
温奴(木綿豆腐、削り節)
お味噌汁(蕪、椎茸、葱、厚揚げ、煮干し)+味噌
ごはん

メバルは魚初さんで中型のを2匹お勧めされた。これは身が甘くてほろほろしてたいへんおいしかった。

きょうは庭先回りで婿殿のところで大きな大根とその向こうで大きなキャベツと青菜類を購った。大根は根っこのところだけでも2キロ超え、キャベツも2キロ超えでリュックに詰めてもけっこうな重さだった。大根はこれに葉っぱも付いていたのだ。暖冬で野菜がすくすくと育っているんだそうだ。通りがかりの畑はもさもさと盛り上がったように野菜が成長している。

その大根葉を炒めた。今回は下茹ではいつもと変えた。生のまま刻んでしまってフライパンに入れ、ほんの少しの水を加えて火を付け、かき混ぜて蓋をして蒸し煮にする。火が通ったら蓋で押さえて湯切りをする。
そこにじゃこと胡麻を加え、調味料を加えて胡麻油を垂らし、箸で混ぜながら水分を飛ばしていく。
大鍋で巨大な大根葉を湯がくストレスがなくなって、大根葉炒めがびっくりするほど楽チンなものになった!!162.png




by e3ei | 2018-12-15 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)
2018年11月26日(月)晴れ時々曇り。 17.9℃ (12:29)/ 4.3℃ (06:13)、46%。

牡蠣とほうれん草の豆乳クリーム煮(牡蠣、ほうれん草、玉葱、エリンギ、人参、スゴイダイズ、粉チーズ)
レタスとツナとナッツのサラダ(レタス、玉葱、ルッコラ、かぼちゃの種、ミックスナッツ、クミンシード、キャラウェイシード)+ポン酢醤油、オリーブ油
絹揚げ(絹揚げ、削り節)
大根皮の甘酢漬け(大根皮、米酢、砂糖、塩、醤油)
白菜漬け
うずら豆煮豆
お味噌汁(蕪、シメジ、大根葉)+味噌
ごはん

豆乳クリーム煮の塩味はナンプラーとチキンスープの素、黒胡椒を引いた。牡蠣は土曜日に魚初さんで購入していた、とても粒の大きなおいしい牡蠣だった。今回はひとり100g。

かぼちゃの種がなくなったので買いに行ったついでに思いついてミックスナッツを買ってみた。いまブームなのか、三浦屋さんも紀ノ国屋もカルディもけっこう推してた。刻んだのがあればと思ったがそれはなかった。使うときにアーモンドは縦4つ割り、カシューナッツは2つ割り、クルミは適宜切った。
サラダは野菜と油をゆるく切ったツナ、それにクミンシードとキャラウィシードを混ぜておき、お皿に盛った上からナッツを散らし、ポン酢醤油とオリーブ油をかけた。
ナッツの香ばしい味わいとかみごたえがとてもよかった。162.png

西荻に行ったので野菜を調達し、バス通りのほうの八百屋さんで白菜漬けを買ってみた。癖のないおいしい漬け上がりだった。


by e3ei | 2018-11-26 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)
2018年11月5日(月)曇り時々細雨。 21.0℃ (14:08)/ 14.3℃ (05:20)、78%。

鯖の甘辛煮つけ(鯖、生姜)
大根と葉の塩麹もみ(大根、大根葉、塩麹、えびすめ)
前日の大根と肉つみれの煮物(豚・鶏挽肉、大根、ニンジン、椎茸、牛蒡、大根葉)
温奴(木綿豆腐、削り節)
お味噌汁(山芋、小松菜、玉葱、シメジ、煮干し)+味噌
ごはん

鯖は以前魚初さんで二枚おろしにしていただいた半身を解凍した。濃い甘辛味に生姜をたっぷり薄切りして煮つけた。脂の乗った国内鯖で、これはとてもおいしくごはんのおかずにしながら旨みを味わっていただいた。

きのう思いついた大根と葉の塩もみを塩麹でやってみた。塩もみして汁けを絞った後でえびすめの細切りを混ぜた。これがよかった。えびすめの甘いうまみと塩麹の旨みがよく合って、贅沢な箸休めとなった162.png。えびすめは1枚を40切り。
大根は軸の付け根2センチほどはよけて、葉っぱの上のほうは煮物に入れた。軸っぽいところを葉をつけたまま1ミリ厚みに小口切り。大根は4センチほど、皮をむいて太い千六本、または細い拍子木。

終日どんより雲り、気がつくと雨だれの音がして地面が濡れてる、さっと日がさし、また曇るといった天気だった。


by e3ei | 2018-11-05 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)
2018年11月3日(土)晴れのち曇り。 19.9℃ (13:59)/ 8.3℃ (06:21)、52%。

ソイのお煮つけ(そい)
湯葉と小松菜のさっと煮(生湯葉、小松菜)
ヤマイモのふんわり焼き(山芋、卵)
切り昆布の煮物(切昆布、人参、油揚げ)
温奴(絹ごし豆腐、削り節)
焼海苔
お味噌汁(大根、ニンジン、エノキ、油揚げ、煮干し)+味噌
ごはん

今日はムラカミさんもうおはつさんもお休みだったので、そこから魚勝グレイスに回った。ここはどっさり魚が並んでいた。久しぶりにそいをお煮つけにした。1匹食べるのは大きいかなあというサイズだったが、おいしくいただいた。

湯葉と小松菜は早速の再登場だ。小松菜を湯がいて水に取ってという過程がないので、なかなか楽チンなお料理でとてもおいしくて言うことなし。

きのうこころみの販売所で見つけたヤマトイモかと思ったごつごつしたお芋は、きょう寄ったら「ヤマイモ」と書いてあった。確かに泥を洗って皮をむくのに包丁を入れたらさくさくしていた。それでもすり下ろすとスーパーの長芋よりは粘りが強い。
150gくらいすりおろして卵1個と白出汁のもとと薄口醤油を加えて空気を含ませながら混ぜ、油を温めたフライパンに直径6~7センチくらいで落としていく。ごく弱火で焼いて焼けてきたらひっくり返して焼く。
これはシンプルでおいしい。具なしの上等お好み焼きといったあんばいで、好きだ。162.png削り節を振りかけていただく。


by e3ei | 2018-11-03 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)
2018年11月1日(木)晴れ。 19.5℃ (14:07)/ 5.6℃ (05:40)、30%。

スペインオムレツ(卵、じゃがいも、ソーセージ、玉葱、キャベツ、ズッキーニ、シュレッドチーズ、バター、トマトソース)
生湯葉と小松菜の煮びたし(生湯葉、小松菜)
ひじき白和え(木綿豆腐、ひじき煮、練りごま、つき胡麻、出汁醤油)
卯の花煮(お惣菜)
煮豆
お味噌汁(かぼちゃ、白ネギ、青葱、煮干し)+味噌
ごはん

スペインオムレツはグラタン皿を使って電子レンジで作ってみた。
手順
電子レンジであらかじめ加熱しておくのは、じゃがいも、キャベツ。
玉葱とソーセージをフライパンで炒め、ジャガイモとキャベツ、イチョウに切った生のズッキーニも加えてバター、塩胡椒とチキンコンソメのもとで調味する。
ボウルに卵2個を割りほぐし、具材とシュレッドチーズをたっぷり加えて混ぜる。
オリーブ油を塗ったグラタン皿に入れ(ズッキーニを表面に散らすと美しい)、ラップをふんわり掛けてこぼれ防止にお皿に載せて、600wで6分半加熱する。
トースターで焼こうかと思っていたが時間の都合でこのまま。サーブしてトマトソースをかける。
焦げない分、やさしいお味でとてもおいしかった。

お豆腐は豆腐三兄弟!!と思っていたが、卯の花煮はコイデミートさんのお惣菜の濃い味で、お豆腐二兄弟と従弟分という感じになった。湯葉と小松菜の煮びたしは初めての試みだったが、これはたいへんよかった。162.png生湯葉は1センチ幅くらいに切った。寒い季節はこのシリーズで行こう。

東小金井北海屋さんが閉じられてから1年余り、わが家の食卓も少し変わってきた。


by e3ei | 2018-11-01 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)
2018年10月17日(水)曇り。 22.6℃ (12:25)/ 14.2℃ (06:17)、60%。

鶏と茄子の生姜煮(鶏もも肉、茄子、ピーマン、赤ピーマン、かぼちゃ、生姜)
きゅうりとズッキーニの白和え(きゅうり、ズッキーニ、絹ごし豆腐、練りごま、つき胡麻、ちりめんじゃこ、出汁醤油)
キャベツとハムのたまご炒め(キャベツ、ハム、卵、バター)
塩鮭、焼海苔
お味噌汁(大根、葱、シメジ、煮干し)+味噌
ごはん

なんとなく冷えるので、生姜をうんと効かせた煮物にした。ホカホカしておいしかった。これは夏のおかずかと思っていたが、こうして冷える季節にもいい。生姜は3~4ミリの厚みに切って、これもいただく。

白和えをきょうは絹ごしでやってみた。木綿に比べるとうんとクリーミーで、まあ、どちらも甲乙つけがたいなあ。キュウリは季節外れだけど、しゃっきりしておいしくいただいた。少し厚めに小口切りにして塩もみしてから使った。

駅のマルシェでおいしそうなキャベツがあったので購った。さて、何に使うかなあと考えて、冷蔵庫にムラカミさんのおいしいハムがあったので、これを炒めて卵でとじた。バターを効かせて大好きな味わいにできた。162.pngキャベツはざく切りにして予めレンジで加熱してから使った。

今日もまた冷えた。天気予報によると、明後日金曜日は最高15度でコートの準備を!と言っていた。



by e3ei | 2018-10-17 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)
2018年10月12日(金)曇り。 22.3℃ (13:55)/ 17.4℃ (21:57)、46%。

秋鮭の味噌マヨネーズ焼き(秋鮭、玉葱、味噌、マヨネーズ、酒、シュレッドチーズ)
鶏と根菜の煮物(鶏肉、がんもどき、蒟蒻、牛蒡、人参、大根)
お味噌汁(キャベツ、ジャガイモ、玉葱、大根葉、シメジ、煮干し)+味噌
ごはん

山行き
鮭は今朝作り置いた。
電車のモニターCMで子どもが電子レンジで鮭の味噌マヨネーズをつくる映像が流れていて、味噌マヨネーズって食べたことないなあ、これは簡単そうだなあと思って作ってみた。手数の割においしかった。162.png
乗せる味噌だれは、味噌、マヨ、各ティースプーンに山盛り1、酒も同量くらいか。玉葱半分はごく薄切り、シュレッドチーズを合わせてあえる。
鮭は予め600Wのレンジで1分強加熱しておいた。
くっつかないアルミシートに加熱した鮭を載せてその上に味噌だれを盛る。
トースターでアルミをかぶせて5分、外して3分ほど焼いて焦げ色をつける。

煮物はきのうたくさん作っておいた。

急に冷え込んできた。くたびれた。


by e3ei | 2018-10-12 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)
2018年10月11日(木)曇り。 22.1℃ (15:04)/ 19.2℃ (06:08)、78%。

鶏と根菜の煮物(鶏もも肉、がんもどき、ごぼう、大根、人参、こんにゃく)
ピーマンのツナコーンチーズ詰め(ピーマン、コーン、ツナ、マヨネーズ、シュレッドチーズ)
絹揚げ豆腐(絹揚げ豆腐、茗荷)
焼海苔、梅干し
お味噌汁(キャベツ、玉葱、じゃがいも、大根葉、シメジ、煮干し)+味噌
ごはん

鶏と野菜の煮物は我ながらおいしくできた。勝因は何かよくわからないが、いいあんばいに味が染みてよかった。出汁はインスタント、ナンプラー、白だし、鶏ガラスープをほんの少しずつ、最初の味付けも控えめに、終わり近くに味醂と醤油を足した。明日の分まで多めに炊いた。

ピーマンの詰めものがごくごく簡単でおいしかった。詰めものはコーン缶半分に小さいツナ缶をマヨネーズで和えただけ。軽く黒胡椒。ピーマンは半分に割って種を取り、何もしないであえものを詰める。最後にシュレッドチーズをこぼれない程度に盛って、あるいホイルを敷いたトースターでアルミをかぶせて7分外して2~3分焼く。もっと短くてもいいが、これでこんがり焦げ色がついた。
ピーマン臭さもなく、かといって詰めもののチープな感じもなく、これはレパートリーに加えたいと思った。162.pngネットであちらこちらのレシピを拝見してアレンジした。

昨晩はよほど疲れていたのか、この記事をアップしそこなったままだった。


by e3ei | 2018-10-11 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)