Bluetenの晩ごはんを中心に、[こんなふうです]という備忘録。


by Blueten
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:ケロイド ( 8 ) タグの人気記事

今週、予約していた医大に診療に赴いた。暑い暑いさなかでくらくらしそうだった。

例によって「ああ、いいですね。いかがですか」と力づけていただく。今回も注射ができると仰るので、色の濃い盛り上がりの残る2か所にケナコルトの局注をしていただく。ほんとうに注射が痛くないのがありがたい。
もう一ヶ所、色は薄くなったがぽこんと盛り上がっている箇所があって、そこはどうですかと聞いたら、これはケロイドではなく粉瘤でしょうと仰る。そういえば、このケロイド治療は粉瘤に端を発した地元の皮膚科の紹介によるものだった。一度地元の皮膚科に経過報告を兼ねて行った方がいいかなと思う。

次回の予約をして、今回はエクラープラスターもビーソフテンローションもまだ手元に十分あったので薬は処方せずに診療を終えた。

診療代 360円。


拙「ケロイド」記事を訪問してくださる方がおられて、ありがとうございます。少しでも参考になればうれしいと思っています。ずいぶん長くかかるなあと思う方もおられるかもしれません、わたしのケロイド歴を記しておこうと思います。20代のときのケロイドができてから10年足らずで受けた治療は1年もかからなかったので、ケロイド歴の浅い方はそれなりに短期間でよくなられるかもしれないと思います。


この医大でのケロイド治療を始めてから2年数カ月が経過した。痛みとかゆみはすぐに取れ、盛り上がりと色もだんだんと抑えられてきた。だが、まだタンクトップや背中の大きく空いた夏服を着られるほどではない。思ったよりも時間がかかるなあというのも率直な感想である。

だが、長いケロイド歴を思えば数年は仕方がないかもしれないとも思う。
ケロイドは肩と背中に3か所ある。いちばん古いのは小学校で受けた2回ののBCGの注射跡で、2つの注射跡が50年後には最大幅で15センチもあるような傷になっていた。もう一ヶ所は20代の頃にできた背中の吹き出物にブラジャーのストラップが当たって発生した傷で、これも10センチを超える傷、いちばん小さいのもブラジャーの当たる部分で小指くらいの大きさ。
BCGの跡は20歳の頃に半年ほど別の大学病院でケナコルトの局中治療をしてかなりよくなっていたが、その後数十年をかけてまたまた肥大していたのだ。最盛期はちょっとぶつかっても火花が散るように痛く、痒みも生半のものではなかった。寝床の中で汁が出るほど掻くこともあった。だがそれもここ数年、年齢とともに少しずつ収まってきているような気もして、このまま一生抱えていくつもりだった。
数十年の間に治療のために何ヶ所かの皮膚科を受診したが、どこも積極的ではなかった。今回の治療につながったきっかけは前に記したとおりで →❏、どこまでよくなっていくか楽しみである。おばあさんになってから肩の出たサマードレスを軽快に着られるようになるのもうれしいことだと思う。


「ケロイド」タグを作成しました。


[PR]
by e3ei | 2018-07-28 23:58 | 健康 Gesundheit | Trackback | Comments(0)
医大病院で治療を開始してからちょうど2年が経過した。
前回の治療(→❏)から4カ月目。

この日の治療はケナコルト局注を4か所。
硬いところに注射しておきましょうかと言われるので、まだできますかと尋ねると、できますと。まだできるとは思わなかったのでありがたい。
医師は自覚症状を尋ねる。痛み痒みもなく硬いところも軽減してきていると思うと答えると、見た目も随分とよくなってきていると言われる。
もうあと1年くらいでしょうかねと尋ねると、そうねえ1年まではかからないかもしれませんとうれしい診立てであった。

治療 560円
薬剤 1280円

これまでの経過
治療の開始 →❏
第2回目 →❏
第3回目 →❏
第4回目 →❏
第5回目 →❏
第6回目 →❏

母はもっと早く行っとくとよかったねえといつも言うが、それまで相談した何ヵ所かの皮膚科の開業医は半世紀近くを経過したケロイドの治療には消極的だったのだ。2年前に粉瘤治療の開業医が目に留めて紹介してくださってほんとうによかったと言うほかない。


[PR]
by e3ei | 2018-04-03 10:46 | 健康 Gesundheit | Trackback | Comments(0)
前回8月から4カ月。治療開始から1年半ちょっとが経った。

医師は、傷み痛みが全然ないこと、痒みもほとんどないことを確認して、1年半でここまで順調に治ってきていると言われる。今回はまだ少々硬く盛り上がっている4か所にケナコルト局注をしていただいた。硬いところはまだ炎症が起きているんだそうだ。
引き続きエクラープラスターとローションの治療を続けることになる。次回は4月。

今回はとても混んで予約時間よりも1時間ちょっと、早めに受付をしてたので1時間半以上待った。お待たせしてすみません、と言われるので、先生こそお昼も召しあがってないんじゃないですかと言うと、診療の曜日は仕方がないと仰る。きついお仕事だ。

医大病院の玄関が手前側に新しくでき、坂道の1階分高くなってた。旧玄関から迷路のような暗くて狭い廊下を回らず直接行けるようになって便利だ。明るく開放感があって、病院はこうあってほしいと思った。

診察・注射 560円、 薬剤 2520円。

これまでの経過
治療の開始 →❏
第2回目 →❏
第3回目 →❏
第4回目 →❏
第5回目 →❏

率直な思いとしては、最初は1年くらいで治るかと思っていた。それが思いのほか時間がかかる。たぶんこのケロイドが半世紀をかけて深く大きくなってきたものだからだろう。よくぞ1年半でここまで治まってくれた、というべきなんだろうなあ。
傷み痛みが全くなくなったことは大きい。かゆみもうっすらしたかゆみが時たまある程度なのだ。



[PR]
by e3ei | 2017-12-20 04:16 | 健康 Gesundheit | Trackback | Comments(1)
これまでの経過
治療の開始 →❏
第2回目 →❏
第3回目 →❏
第4回目 →❏

7月いっぱいは仕事の都合で通院日が合わないので、8月に入ってから5回目の診察に行った。前回の2月からはそういうわけで5カ月以上空いてしまった。
この間、ビーソフテンローションをさぼりつつ1日2回を目安に塗り、エクラープラスターを盛りあがっているところを中心に貼っていた。治療開始のころは全体で2枚使っていたが、ここ数カ月は1枚を小さく切って貼っていた。

医師はずいぶん柔らかくなってきてます、もう少し硬いところが残っているので今までの調子で続けていきましょうと仰る。
入浴後などに真っ赤になってくることについては、ケロイドが治っていくに連れて毛細血管が透けて見えるようになる、炎症が治まっていくと赤みも落ち着いてくる、といわれる。
自分でもかなり治ってきた感が増しているので、信頼して治療を続けていこうと、心強い。

外来診療費 420円
薬(エクラープラスター、ビーソフテンローション) 2520円

次回は12月。



[PR]
by e3ei | 2017-08-08 23:59 | 健康 Gesundheit | Trackback | Comments(0)
前回から4カ月、エクラープラスターをときどきさぼってたのでどうかなあと診察を受ける。

医師は一見して、ああ、いいですねとおっしゃって治療経過のための撮影などなさる。
今回はもうケナコルトの注射はしなくていいでしょうと、注射はなかった。そしてエクラープラスターはまだ盛り上がっているところだけに貼るようにして、平たくなったところにはローションを使いましょうと、ビーソフテンローション0.3%を処方された。1日2回ほど塗るのだそうだ。
まだかなり赤みは残っているので色は取れますかと聞くと、だいじょうぶ取れますと心強いことばに励まされる。

次回は7月。

診療 420円。
薬代 ローション3本 660円。


追記
治療の始まり →❏






[PR]
by e3ei | 2017-02-27 23:58 | 健康 Gesundheit | Trackback | Comments(0)

ケロイド治療3回目

8月の予約日がちょうど台風襲来になってキャンセルしたら、2カ月先まで予約で埋まっていたのでここまで延びてしまった。

順調ですね、ずいぶん柔らかくなってきていると言われる。
確かに痛むことはまったくなくなった。うっすら痒いのはある。

そして今日もケナコルトの局注をしていただく。

ケロイドが柔らかくなるにつれてお風呂に入ったときなどびっくりするほど赤みを帯びるようになった。それをお話しすると、毛細血管が見えるようになってきたのだそうだ。このままですか、と尋ねたら、色は薄くなるといわれて安心した。ああ、その日が待ち遠しい。

次回は来年2月。
エクラープラスターを大量に処方された。

診療 580円
薬剤 3130円



今回の研修医は東南アジア系の男女だった。診察室のドアを開けると真正面の壁ぎわに二人で並んで座っていて、一瞬何かの新郎新婦なのかしらなどと妄想してしまった。


[PR]
by e3ei | 2016-10-13 23:56 | 健康 Gesundheit | Trackback | Comments(0)

ケロイド治療 2回目

4月の初診から2カ月が経った。
その間エクラープラスターを貼っていた。

医師は一目見て、ああ、いいですね、色も薄くなってきている、とおっしゃる。
よかったなあ。

もう少し続けてみましょうということになり、この日もケナコルトの注射を3か所に打っていただく。

次回は8月。エクラープラスターはあと一箱あるのを使う。

診療費360円也。


[PR]
by e3ei | 2016-06-10 23:58 | 健康 Gesundheit | Trackback | Comments(0)

ケロイド治療

3月に粉瘤を治療した開業医に、ケロイド治療を勧められ、大学病院に紹介状を書いていただいた。

ケロイドに関しては何度か別の皮膚科を受診したが、どの場合も治療に積極的ではなかったので、なんとなくそれなりになっていた。
そのうちに、痛みも軽減してきたし、このままやり過ごそうかと思っていた。

紹介状を書いてもらったこともあり、大学病院を受診した。
治療すべきかどうか迷ってもいたし、そのあたりを相談したかったのだ。

治療の選択肢としては、テープ剤を貼る、放射線、手術、ケナコルト注射等を挙げられた。
手術は気が進まないと言うと、術例写真を見せて説明もしてくださった。
テープ剤は薬がかなりよくて、これだけで改善するケースも少なくないと仰る。負担も小さいのでこれはまず試してみましょうということになる。
これに加えて注射も効果があると言われ、よければ今しましょうと、善は急げになる。
20歳のころに半年ほどケナコルトの注射治療をした経験があり、火花が飛び散るほど痛かったので、痛いですよね、と言うと、この頃は注射もそれほど痛くなくなっている、ちくっとはします、とおっしゃる。
医師が積極的に勧めてくださるし、容易に通えるわけでもないので、その場でしていただくことにする。
気持ちを固めて身構えていたら、え、、というほど簡単に痛くなく済んだ。
3か所に打っていただいたが、どれも予防接種よりも痛くないほどだった。

そういうわけで治療はあっけなく済み、テープ剤を処方していただいた。
2ヶ月後にもう一度受診して、経過がよければ地元の開業医で治療してもいいと仰る。

診療明細書を見ると、ケナコルトAとともにキシロカインを注射してあり、それで痛みが軽減したのかとも思うが、すばらしかった。
処方してもらったのはエクラープラスター20μg/㎠(久光製薬)。これは見た目はモーラステープにそっくりで、ケロイドに合わせて切って貼るが、少々はみ出してもいいそうだ。原則として毎日張り替えるが、2日間くらいは効果があるそうだ。お風呂に入っても剥げなければそのままでもいいと仰った。

診療は落ち着いて気持ちよく終わった。最初に診察室に入ると、医師が立ち上がって自己紹介をされた。こういう関係は大切だと思った。
病院・1190円、薬局は多めに処方してもらったので2170円。

エクラープラスターが奏功してくれるといいなあ。


追記
2ヶ月後、2度目の診療 →❏
3回目の診療 →❏
4回目の診療、ほぼ1年経過 →❏
5回目の診療 →❏
6回目の診療(開始から1年半ちょっと) →❏ 
7回目の診療(開始から2年経過) →❏
8回目の診療 +わたしのケロイド歴 →❏
 ※ 「ケロイド」タグを設定しました。 →❏


 




[PR]
by e3ei | 2016-04-08 22:17 | 健康 Gesundheit | Trackback | Comments(0)