タグ:保存食 ( 19 ) タグの人気記事

2019年1月22日(火)晴れ。 10.7℃ (13:54)/ -3.3℃ (07:11)、38%。

焼き肉(牛肉)+蕪、セロリ、ニンジンのピクルス
葱の巾着焼き(葱、納豆、かちりちりめん、シュレッドチーズ、油揚げ)
白菜とさつま揚げの煮物(白菜、人参、さつま揚げ)
煮豆
焼海苔
お味噌汁(キャベツ、里芋、厚揚げ、シメジ、煮干し)+味噌
ごはん

焼き肉はムラカミさんの和牛切り落とし。これを源たれゴールドにちょっとつけて焼いた。お肉もとてもおいしく、甘めのさっぱりしたタレで贅沢にいただいた。付け合わせには酢漬けの野菜。

煮物は婿殿の白菜をたっぷりくたくたに煮つけた。人参の煮たのはさほど好きではないが、彩りと栄養のため。白菜はするすると入るようでおいしかった。

このところ酢漬けの玉葱を休んでいたが、セロリや株を甘酢に漬けておくと何かと便利だ。新玉葱も出てきたので、また酢玉葱を漬けておくかなあ。

かりんの蜂蜜漬けは先週一応完成したことにした。ほんのり香っていい感じだ。朝のケフィアの味付けに、これまでの飲むお酢にかわってしばらくはこれを使うことにしよう。
ネットで作り方を見ていると発酵すると書いてあった。漬けている間は蓋をゆるくしていたので気付かなかったが、樹脂のボトルに移すと確かに細かい気泡が出ているのが確認できる。


More
by e3ei | 2019-01-22 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

塩レモンを漬ける

西荻の八百屋さんにきれいな国産レモンがあったので2個買ってきて、きょう塩レモンにした。

2個で250g、塩はレモンの10%で25g。
レモンを洗って拭いて切って塩をまぶすだけ。あとは時々かまってやりながら1か月ほど待つ。
冬なので冷蔵庫には入れないでおく。








by e3ei | 2019-01-12 23:58 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)
2019年1月5日(土)晴れ。 14.7℃ (14:27)/ -3.0℃ (05:20)、44%。

さわらのくわ焼き(ピクルス添え)(さわら、小麦粉、セロリ、蕪、人参)+スダチ
焼き豚と白菜のサラダ(焼き豚、白菜、玉葱)+ポン酢醤油、焼き豚たれ、マヨネーズ、黒胡椒
ひじきの白和え(木綿豆腐、練り胡麻、つき胡麻、ひじき煮)
シラスのつくだ煮、焼海苔
お味噌汁(大根、小松菜、シメジ、煮干し)+味噌
ごはん

さわらは小麦粉をつけてフライパンでソテーし、酒・みりん・醤油を絡めて味付ける。程よく脂の乗ったとてもおいしいさわらだった。これも暮のうちに魚初さんのご主人がとり置いてくださったのを冷凍しておいた。

焼き豚のサラダが案外おいしかった。
手順
白菜は1枚150gを軸は縦切り葉は横切りで薄塩でしんなりさせておく。たっぷりのさらし玉葱を混ぜ、ポン酢醤油でうっすら味付ける。
器に野菜を盛りつけ、短冊に切った焼き豚を載せ、マヨネーズと焼き豚たれをちょろちょろとかける。黒胡椒を引く。
食べるときに混ぜていただく。

ピクルスをつくる。
白いピクルス(セロリと蕪)、赤いピクルス(赤蕪、人参)。砂糖、薄口醤油、内堀のお酢、水、塩。野菜をそれぞれ塩もみして漬け液に漬ける。きょうはまだよく漬かっていない。

グレイスに行ったら、開店はしていたものの、品薄でお肉とお魚コーナーは棚の半分も埋まっていなかった。シャチョー氏がいらしたのでご挨拶して、まだでしたねーというと、河岸は開いてんだけどねまだこっちには入ってこない。来週になったらそうねえ、ぼちぼち入ってくるかねえ、とおっしゃる。魚初さんも暮に北のほうの海が大しけで魚が入ってこないとおっしゃってた。しばらく冷凍庫の消化に努めよう。


by e3ei | 2019-01-05 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)
庭先に「自由にお持ちください」と箱に入れてあったかりんを頂戴したので、これで蜂蜜漬けを作ってみることにした。
毎朝のケフィアの香りづけに「飲む桃のお酢」を垂らしていたが、ちょっと目先を変えてみたくなったのだ。

かりんは表面がべたついていて、かなりほこりが付着しているので、スポンジに洗剤を含ませてよくよく洗った。
縦に四つ割りにして種の部分を切り落とし、5ミリほどの厚さに切っていく。
100円ショップで700mlのボトルを購い、これに漬けることにする。カリン1個分が丁度入るサイズだった。
カリン1個に蜂蜜をどぼどぼ注いだらちょうど300mlだった。

しばらく置いておくと蜂蜜は早くもサラサラしてきて、カリンが浮いてしまう。どうしましょう。

とりあえず、しばらく様子を見ることにする。





by e3ei | 2018-12-15 23:58 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)

出汁と保存食の仕事

北海屋さんが閉じられてネットの通販で煮干を買うようになった。もともとは鰹節のお店で、今回「利きだし」というイベントに抽選で当たった。
毎回何人か当たった人がひとつの出し素材を提供してもらい、それにいろいろ感想をコメントする仕組みらしい。
今回のお題素材は「上粉」という鰹節を主体とした細かく砕いた削り節。お店のページには手軽に出汁が引けるとある。出汁パックを使う手もあるようだ。
100gの袋を送っていただいたので、出汁パックに詰めて冷凍した。ただ、何グラム使うのかがよくわからない。お店のページには普通の削り節の例として水1リットルに40gと書いてある。我が家は500ccの水なので20g?いかにも多すぎる気がする。ためしに今日は10g使ってみた。が、削り節の香りがとても強い、スモーキーなお味噌汁ができてしまった。難しい。
d0013340_15293239.jpg

農家通りの婿殿の庭先販売で、何度か柚子を頂戴してたくさんあったので、塩レモンのまねをして塩柚子を仕込んでみた。塩は柚子の10%。どう仕上がるだろう。
d0013340_15293636.jpg

そしてこれは冷蔵庫で切らさないようにしている酢玉葱人参。これも仕込んだ。
d0013340_15293966.jpg


by e3ei | 2018-02-04 23:58 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)
農家の庭先販売に青唐辛子が時々出ている。
これでびりりと辛いお醤油漬けを作ってみるのはどうかと思っていた。
今日駅の辺りまで買い物に行ったら、旧コンビニの店先ワゴンに唐辛子が並んでいた。対応した男性はどうやら育てた人のようだ。
この唐辛子のほかに日光唐辛子というものや葉っぱのついた唐辛子も並んでいたが。これを勧められた。120円也。

唐辛子は防犯スプレーになるくらいなので、ゴム手袋をしてことに当たる。
まずはよく洗って、水分をぬぐう。
d0013340_21571378.jpg
念のためにマナ板にもペーパーを敷いて刻む。
小さなボトルがなかったので、大きなボトルの底の方にちょっぴりになったが、ひたひたになるくらいにお醤油を注ぎ入れる。
ものの10分で仕込みは終了。
d0013340_21574341.jpg
3~4日から食べられるそうだ。楽しみに待とう。



by e3ei | 2016-08-26 22:05 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)
ヨコキファームに行くと、大小の赤カブを袋に詰めて売っている。
これはどうやって食べるんですかと尋ねると、薄くスライスして甘酢に漬けるとおいしいと教えてくださる。
なるほど、甘酢漬けは箸休めにいいし、色も美しいのでやってみることにする。
d0013340_16142043.jpg
(マグカップよりはるかに大きい)

台所のキャビネットを開けてみるとお酢がほんの少ししかない。ためしに小さいほうの蕪を漬けてみることにする。
半分に切って薄くスライスし、塩もみにする。
d0013340_16172722.jpg
(中側が完全に赤いわけではない)

それを砂糖大さじ1、醸造酢50ccくらいの漬け汁に漬ける。
ものの10分もたたないうちにお酢はきれいなイチゴ色に染まってくる。美しい。
d0013340_16195421.jpg




by e3ei | 2016-02-04 23:58 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)
12月13日(日) 曇り時々雨。11.2℃ (11:30)/ 9.2℃ (03:20)、86%。

太刀魚の塩焼き(+完熟カボス)
聖護院大根とさつま揚げの炊いたの(聖護院大根、さつま揚げ、大根葉)
ほうれん草のソテー(ほうれん草、ベーコン、シメジ)
ルッコラと春菊のサラダ(ルッコラ、春菊、ラディッシュ、酢玉ねぎ、酢醤油玉ねぎ)+ポン酢しょうゆ、EVオリーブオイル、黒胡椒
焼海苔
お味噌汁(蕪、豆腐、大根葉、シメジ)+味噌
ごはん

太刀魚はきのううおはつさんで。程よい大きさでおいしかったが、ちと身が柔らかで、あらと思う。
カボスは農家の庭先で買ったが、樹上で完熟したものだろう。とてもきれいな山吹色だったが、香りが薄く酸味も弱く、やっぱり青いときがおいしいんだと納得した。

聖護院大根はきのうサカイカフェの前で半分に割ったのを買う。皮つきで900gだった。
さつま揚げと一緒に炊く。薄口醤油で仕上げるので色白に炊きあがった。

ルッコラのサラダは毎度のことながらおいしい。
きのう酢醤油油の玉ねぎも作ってみたので、それも一緒に使う。
d0013340_21451220.jpg

酢玉ねぎ2種。左がお酢とバルサミコ、右がお酢と薄口しょうゆとオリーブオイル。
d0013340_21470269.jpg
バルサミコ50cc、お酢100cc、お水100cc、砂糖TbS1、塩少々。玉ねぎ1個。
お酢100cc、しょうゆ50cc、オリーブオイル30cc、お水50cc、砂糖TbS半分。玉ねぎ1個。 
オリーブオイルは入れなくてもいい。分離してしまうのと、香りがくどい。食べるときにおいしいオリーブオイルやごま油を使った方がいい。


by e3ei | 2015-12-13 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)
11月14日(土) 霧雨のち夕方から本降り。 13.2℃ (13:20)/ 11.6℃ (05:20)、96%。

鯖のお醤油煮(生姜)
しんとり菜と豚肉の炊いたの(しんとり菜、豚バラしゃぶしゃぶ、豆腐、揚げ)
人参サラダ(人参、酢玉ねぎ、ルッコラ、炒りごま)+マヨネーズ
煮豆
お味噌汁(大根、玉ねぎ、蕪菜、揚げ)+味噌
ごはん

鯖はこの前の残り半分を解凍した。味噌煮にしようかと思ったが、お醤油で甘辛く炊いてみた。生姜一かけ半分は薄切りにして煮汁に入れ、半分は針生姜。
味噌煮よりもくせがなくて食べやすいかな。

しんとり菜と一緒にさつま揚げを炊く予定だったが、きのう買いそこなってた。お揚げと豚肉にしてみた。いつもより醤油を気持ち多めに入れた。思ったような味でおいしくいただく。

庭先販売の小さな泥つき人参を使ってみて、その香りの強さにびっくりした。そしてお店で買う人参の頼りなさに思い至る。
こういう「くさい」のが人参だったなあと思う。

土曜日だったが雨で魚屋肉屋の買い物に行けなかった。来週は冷凍庫のありものを整理しつつになるかなあ。


酢玉ねぎはもはや調味料だ。だいたい1週間で一玉強くらいかな。
きょう玉ねぎのストックを見てびっくりしたけど、あと2玉しかなかった。
10/5に5kg買って食べ始めた記録があるので、まあ、だいたい50日弱で5kgというところかしら。1日100g/2人、平均してみるとそんなものなんだなあ、もっと食べてるのかと思ってた。



by e3ei | 2015-11-14 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)
10月19日(月) 秋晴れ。23.8℃ (13:40)/ 12.3℃ (06:10)、54%。

肉つみれと絹ごしとほうれん草の鍋仕立て(豚ひき肉・鶏挽肉・玉ねぎ・青ネギ・柚子胡椒、絹ごし、ほうれん草、葱、シメジ)
豆腐の卵とじ(絹ごし、豚肉、ほうれん草、葱、シメジ、卵)
焼きちくわ+酢玉ねぎ
お味噌汁(里芋、葱、揚げ、豆腐)
ごはん

肉つみれは柚子胡椒を加えてパンチのある味付けをし、お鍋の出汁は酒と醤油少々でごく薄味に仕立てる。
スプーンで肉をすくい落として煮立て、葱、きのこ、豆腐とほうれん草を加える。

冷蔵庫でちくわが半分残ってた。残りものだったし煮物用のあんまりいいちくわではなかったので短冊に切ってトースターでよく焼いて食べた。

すっかり酢玉ねぎにはまってしまっている。バルサミコとキビ砂糖を加えたことでツンとしない柔らかな風味と香りが加わってとてもおいしい。
淡路島の玉ねぎは、最初の一個だけが異様に辛くて、刻むときにも目に刺激があったが、それ以外は辛くなくておいしくいただいている。
これならリピートしてもいいかもしれない。




by e3ei | 2015-10-19 23:59 | 食 Essen | Trackback | Comments(0)